住み良い家を購入しよう

私たちの生活にかけがえのない住まいは、せっかくマイホームを購入するのであれば住み良い家が良いもの。また、物件タイプにもよりますが決して安い価格で購入することはできません。人生の中で最も高い買い物と言われるほどマイホームはお金がかかってしまうため、安易に選ばずしっかりと見極め、購入に至ると良いでしょう。しかし、希望条件に合った住まいというのは簡単に見つけることができず長年を費やすことにもなりかねないため、理想とする物件がなかなか見つからないという場合は注文住宅を選択するのも一案だと言えます。

タイプ別物件の魅力

空き部屋

新築一戸建て

誰もまだ住んだことのない新しい住まいになっており、築年数もそこまで経過していないためきれいな状態で住み始めることができます。また、一戸建てということもあり自身の好きなようにリフォームやリノベーションを行なうことができるため、自由度が高く人気の物件タイプだと言えるでしょう。

中古一戸建て

中古一戸建てもアパートやマンションと違い、壁を挟んですぐに住人がいるというわけではないため神経をとがらせて生活をしないで済みます。また、新築一戸建てよりも安い価格で物件を購入することができるため、費用を抑えて戸建てマイホームが欲しいという人に選ばれている物件タイプだと言えます。

マンション

マンションの場合、建物に何らかの修繕が必要になった時は修繕費を全額費用負担する必要がないため大きな出費を避けることができます。また、マンションの場合はセキュリティ面でも安心することができるでしょう。

注文住宅にかかる価格費用を抑えたい人におすすめマニュアル

一軒家

注文住宅の魅力とは

注文住宅でもすべて0から造ることができるわけではなく、中には既に間取りが決められていてそれをベースにして建設する方法もあります。ですが、0から造る場合は間取りなどもすべて自身の希望に応じて建設していくことができるため、世界に一つだけの自分好みのマイホームを建設することができるでしょう。また、建設までに時間はかかってしまうものの、途中経過を自由に見ることができます。建設に携わる人に質問することもできますし、チェックしているという点で建設者の意識も高めることが可能です。手抜きをされる心配がないので注文住宅は建設後も安心して暮らせる家だと言えるでしょう。

一軒家

注文住宅にかかる価格を抑えるコツ

理想のマイホームと言えども少しでも価格を抑えて造りたいと思うのが本音だと言えるでしょう。注文住宅は依頼者によって価格が違ってくるため、価格を抑えようと思えば抑えることができるものです。例えば、色々な部分でこだわりを持ってしまうとその分価格が高くなりがちですがこだわらない部分は業者に伝えておくと良いです。業者が価格を抑えた家づくりを提案してくれるため、注文住宅によっては1500万円以内の費用で済むこともあるでしょう。

工務店とハウスメーカーのメリット

工務店は地域密着型

工務店は宣伝など広告費用にお金をあまりかけていない分、宣伝費が上乗せされることがなく安い価格で依頼をすることができます。また、自由度も高い上に住宅ローンも通りやすいと言われています。

全国展開が多いハウスメーカー

ハウスメーカーは全国展開しているところが多く、大手の業者が多いと言えるでしょう。そのため、倒産するという心配がほとんどないので安心して任せることができます。また、施工期間も工務店に比べて短いと言われています。

広告募集中